首刈り村殺人事件

当日の行動

【重要】一番下にキャラクターシートのPDFあります【要確認】

午後3時、あなたたちは集まりまった。

大分駅から車で3時間。山道をくねくねと抜けたところにその村はある。その名前を目刈村(メンカルムラ)といった。九州とはいえ、冬はほとんどの時期が氷点下。一番寒い時期は何日も雪が溶けず、閉ざされることもある地区だ。学と万里がそれぞれ車で、ほとんど同時に村の中にある駐車場に乗り入れた。万里の車には駆も同乗していた。駐車場には次郎と三郎が迎えに来ていた。次郎と三郎の案内で、五人そろって村の奥にある「本堂」と呼ばれる施設に向かった。本堂に向かう途中にすれ違った村人はみな、次郎と三郎と同じ白いひらひらとした服を着ていた。冬用のもので、見た目よりもあったかいそうだ。

本堂はご神体がおかれている「本堂」。教主が暮らしている「教主の部屋」。客を迎える「応接間」。客の泊ることのできる「客間」。重要な道具がおかれている「倉庫」。それらに分かれていた。倉庫以外は一つの建物で、廊下でそれぞれの棟がつながっている。その日は雪は降らず、からりと晴れたいい天気だったが、連日の寒波で池も凍り付いていた。あなたたちは客間に集まり、次郎から少し説明を受けた。

三日前の朝に太郎と、その前日に訪れたはずの「来訪者」の行方不明が発覚したこと。しばらく捜索したが全く痕跡が見つからないことが伝えられた。これから、それぞれのやり方で自由に捜索をしてほしい。必要であれば客間で宿泊の準備も用意されている。ただ、教主の部屋はむやみに立ち入らないで欲しいとのことだった。教主は「教主の部屋」に住んでいるのだが、身体が弱っているのでほとんど部屋から出ることはないそうだ。それだけ話すと解散となり、それぞれ捜索に向かった。

配布資料(全情報がセットになったPDFです)

下記のキャラクターシートが当日の共通行動および、個別の行動を加えたファイルになります。必ず御覧ください。プレイヤーによっては、「共通の行動」「当日の行動」よりも前の部分に当日の記述が含まれている場合もありますので気をつけてください。

概要PDF
全員共通の資料となります。

キャラクターシート(目ヵ利 次郎)
キャラクターシート(目ヵ利 三郎)
キャラクターシート(万里眼 万里)
キャラクターシート(空尾 駆)
キャラクターシート(多区 学)

担当されるキャラクターシートを御覧ください。別途お送りしているパスワードを使用するとご覧いただくことが出来ます。